海の見えるバスケットボールコート

西宮浜にあるバスケットボールコート。 最近はここまでの往復4キロをジョギングコースにしている。 夏は長い距離は無理なのでハードルを下げた。 平日の午前中はたいてい無人。 海の見えるバスケットボールコート。 リングが僕を誘う。 ボール買おうかな。

海を見ていた椅子

椅子が誘う。 「休んでかない?」 2日連続で同じコースをジョギングした。 西宮御前浜に捨て置かれた一脚の椅子。 昨日と今日では向きが変わっていた。 今日は海を眺めていた。 さびしそうでもあり、孤独を楽しんでるようでもある。 そばにもう1脚置いてあ…

ロードサイドの 「リンダ」

学生時代、家具屋の配送助手のバイトを半年くらいしてた。 1980年の秋から冬だった。 しだいに夜が長くなっていく季節で、朝6時に起きて自転車で国道を走って倉庫へ出勤した。 まだ暗い時刻、今みたいにコンビニなんてなくて、24時間営業のゲームセンター…

ニセアカシアの季節

アメリカ先住民が長老が言ったのだろうか。 「今日は死ぬのにとてもいい日だ」 僕にとって“死ぬのに一番いい日” はニセアカシアの咲く、初夏の晴れた一日だ。 まばゆい光と、若い緑と、さわやかな香りに包まれた一日。 アカシアの花が散ってしまうと、ことし…

少なくなにかをする

できることの少ない日は、少なくなにかをする。 (糸井重里「ボールのようなことば」) きのう、3軒ハシゴ酒をして、あげくに環状線を一周し、帰宅が翌日だった。 夜明けに吐き気がして、やがて膨満感になり、一日が無駄に消えた。 特に予定がない、という…

鳥取 吉岡温泉にて

朝、起きたら玄関先に赤顔の男が立っていた。

ロードバイクで苦楽園

フラットバーのロードレーサー(いまはロードバイクっていうのか)で廣田神社、 コバノミツバツツジは終わりかけだった。 今朝の読売新聞に今が満開と書いてあったのに…。 記者はたぶん取材してないな。 帰りは苦楽園経由、久しぶりに三ツ豆珈琲でブレイク。…

NIKON オールドレンズ

カメラのキタムラに勤めている姪っ子が泊まっていく。 NIKONのデジタル一眼レフはフィルムカメラのレンズが使えることを教えてもらった。 自宅にNIKONのフィルム一眼があって50mmと28mmのレンズがある。 ただし露出もフォーカスもすべてマニュアル。 さっそ…

絵はがきを書く。

つい2日前に六甲を見たとき、ことしは遅いな、とつぶやいた。 きょう西の方を見ると山肌に一筋、山の桜も咲いていた。 去年に比べて周回遅れだった季節もこの二三日で追いついてきた。 この登山道に咲く桜を見に行ったのはいつだったか。 日記で検索しても…

トサミズキ

2月から3月、早春に咲く花。 大谷記念美術館の庭にマンサク科のトサミズキが咲いていた。 脳内で実況が再生される。 「最初にパナシナイコス競技場に飛びこんできたのはトサミズキ、日本のトサミズキです。」 土佐礼子と野口みずき。 ぜんぜん関係ないけど…

暖冬

しばらく胃のボーマン感とでジョギングも筋トレもしなかった。 あえて出来なかったとは言わない。 サーカスへ行った日などは出来たはず。 まずは走り出すこと。 3キロほど走る。 一番寒い季節のはずが…景色が暖気にけむっている。 ピンと張り詰めたエッジに…

生き残る資質

玉戸さんと電話で話をした。 いくつになった? 61です。 そうか、オレがその年の頃、天理に戻ってきたんだよ。 東京、京都でもない農村という異文化に触れて大変だったよ。 で、塩田はどうや? なんとかやってます。 いまはインターネットの仕事がメインで…

あこがれの冬景色

残暑の候、つい口ずさむ歌がある。 もう暑さにうんざりしながら12月を思う。 雨音に気づいて おそく起きた朝は まだベッドの中で 半分眠りたい (荒井由実「12月の雨」) 風景が目に浮かぶ。 こんな景色が…。 ストーブをつけたら 曇ったガラス窓 てのひらで…