NIKON オールドレンズ

カメラのキタムラに勤めている姪っ子が泊まっていく。

NIKONのデジタル一眼レフはフィルムカメラのレンズが使えることを教えてもらった。

自宅にNIKONのフィルム一眼があって50mmと28mmのレンズがある。

ただし露出もフォーカスもすべてマニュアル。

さっそく装着して撮ってみる。

 

f:id:shioshiohida:20190417152407j:plain

 

オーバーだったりアンダーだったり何度も失敗する。

でもデジタルなのですぐに撮ったものを確認出来る。

適正露出を探しながら撮る。

4枚目の写真はコンパクトデジカメで撮ったもの。

SONYのコンデジは全てオートで、恐ろしいくらいの処理を

瞬時にしてくれてるのだと改めて知る。

時間がかかるけどオールドレンズの味わいも悪くない。

 

f:id:shioshiohida:20190417012346j:plain

 

たぶんこのレンズを買ったのは20代の前半、40年近い昔。

当時も中古で買ったから半世紀前のものだろう。

f:id:shioshiohida:20190418100102j:plain

絵はがきを書く。

つい2日前に六甲を見たとき、ことしは遅いな、とつぶやいた。

きょう西の方を見ると山肌に一筋、山の桜も咲いていた。

去年に比べて周回遅れだった季節もこの二三日で追いついてきた。

この登山道に咲く桜を見に行ったのはいつだったか。

日記で検索してもキーワードを入れてないのか不明。

ヒロの手帳に書かれたメモに助けられる。

2017年4月14日だった。

保久良神社から金鳥山にかけての桜並木、山桜ではなくソメイヨシノだ。

f:id:shioshiohida:20190407113728j:plain

 

11時半過ぎになって走り始める。

御前浜から西宮浜にかけて整備が進んでいる。

このグランドの対岸に人工ビーチが出来ていた。

まだ整備中で入れないけどゴールデンウイークあたりは開放されるのだろう。

f:id:shioshiohida:20190407114017j:plain

 

 

5キロちょっと走って、久しぶりに汗をかく。

昼食後、当初の予定では撮りためた写真の整理をしたり、日記の更新をしたりするはずだった。

これら目と脳を使う作業は昼過ぎの睡魔であえなく途絶えた。

きょうは県議会議員選挙、いつもながら投票所へ行ってから決める。

今回は立憲民主の候補に一票。

夜はチーズフォンデュにするのでオンコーアンマタンでバケットを買ってこいとのこと。

行くと99%売り切れ、わずかにシューケットが残っているだけだった。

マックスバリュでパスコの国産小麦のバケットを買う。

f:id:shioshiohida:20190407193811j:plain

 

夕食を食べ終わってから引き出しの整理に着手する。

きのうは一番上の引き出しを圧迫していた名刺を大量処分した。

二番目はお道具箱、ここも半分ほどに粛正した。

三番目から一番下まで5つの整理にとりかかる。

4番目にはハガキや封筒や切手を収納している。

大量の絵ハガキがある。

20代から国内外の旅行先やお店、美術館などで買ったり無料でもらったりしたもの。

もうどこで買ったのかはほとんど憶えていない。

全部捨ててもいいと思った。

この先、絵ハガキを出すこともそうないだろうし。

思い出として所有したい、という欲求もない。

 

f:id:shioshiohida:20190407224454j:plain

 

用途は2つ。

 

・壁かハガキ立てに飾る。

・誰かに書いて送る。

 

電子メールやSNSの時代だ。

旅先から絵はがきを送るという行為はかなり気合いを入れるか、よほど気が向かないとしない。

書くほどのすき間の有り余る長い旅の予定もない。

ひとまず捨てないでおこう。

試しに何人かに絵はがきを書いてみよう。

というあたりで心が落ち着いた。

f:id:shioshiohida:20190408023400j:plain

 

手嶌葵のホームページで見つけた化粧品メーカーの動画がかなり質が高い。

駆け出しの女優、彼女はシングルマザー。

修行中の画家、彼女はアルバイト求職中。最初はフランス人かなと思ったけど日本人でした。

そして、手嶌葵はパリのライブバーで歌うシンガーの役。

いままで歌っていたお店が閉めてしまい働き場所を失う。

17分のショートムービー。

女優役の女優(?)が若き日のジュリエット・ビノシュに似ていて素敵でした。

f:id:shioshiohida:20190408012858j:plain

www.youtube.com

また今日も昼に小一時間居眠りして夜更かし。

就寝が3時前になる。

 

暖冬

しばらく胃のボーマン感とでジョギングも筋トレもしなかった。

あえて出来なかったとは言わない。

サーカスへ行った日などは出来たはず。

 

まずは走り出すこと。

3キロほど走る。

一番寒い季節のはずが…景色が暖気にけむっている。

ピンと張り詰めたエッジに効いた風景もいいけど、

こんな水蒸気が立つぼやけた風景も悪くない。

 

f:id:shioshiohida:20190207114725j:plain

 

生き残る資質

玉戸さんと電話で話をした。

いくつになった?

61です。

そうか、オレがその年の頃、天理に戻ってきたんだよ。

東京、京都でもない農村という異文化に触れて大変だったよ。

で、塩田はどうや?

なんとかやってます。

いまはインターネットの仕事がメインですね。

へえ、ついていけるのか?

なんとか。

なんか、自分は前のやり方に深く重心をかけてなかったんで。

 

対応するのは難しくなかった。

同世代の人を見ているとそう思う。

それほどコミットしてこなかったせいかもしれない。

f:id:shioshiohida:20150929131354j:plain



 

 

あこがれの冬景色

残暑の候、つい口ずさむ歌がある。

もう暑さにうんざりしながら12月を思う。

 

  雨音に気づいて おそく起きた朝は まだベッドの中で 半分眠りたい

                     (荒井由実「12月の雨」)

 

風景が目に浮かぶ。

こんな景色が…。

 

  ストーブをつけたら 曇ったガラス窓 てのひらで擦ると ぼんやり冬景色

 

異世界にあこがれる。

f:id:shioshiohida:20090302152536j:plain